2007年 12月 25日
思い出のオートバイⅤ
社会人となり2年ほどブランクがありましたが完全にバイク屋で一目惚れして購入したのがこれ。
c0158224_2205151.jpg

名車?珍車?と名高いSZR660です。

とにかくインパクトのあるオートバイでした。
ベルガルダヤマハ(イタリア)からの逆輸入で、TZR250にも採用された傑作アルミデルタボックスフレームにスーパーテレネの660cc単気筒エンジンを搭載したマシーン。
車体のねじれをまったく感じさせない卓越したシャーシ性能と軽さ、ブレンボキャリパーの採用、そしてトルクのあるエンジンで峠では速かったです。

しかし!!剛性が高すぎで乗り手がとても厳しい乗り心地を強要される。そして回転数が3,000以下だとギクシャク感がかなり強い。ツーリングに行くと2kgほど痩せるような思いでした。

4年間ほど乗りましたが希少車でしたので長く乗った割にはよい値段で売れました。

この歳になると、もう絶対に乗りこなせないバイクのひとつですね。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-25 22:09 | モーターサイクル全般


<< 思い出のオートバイⅥ      思い出のオートバイⅣ >>