<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2007年 12月 30日
南房総
天気が良かったのでちょっとツーリングに。
久々に杉戸林道を走りました。
c0158224_20222414.jpg

途中の溜池には・・・巨大うなぎがいそうですね(テレビの見すぎ)
c0158224_20233827.jpg

それにしても風が強かった。
普段静かな海も今日は荒れてました。
c0158224_20243779.jpg

きれいな海です。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-30 20:20 | スーパーカブ
2007年 12月 28日
思い出のオートバイ最終回?
現在の愛車であるスーパーカブ90です。
c0158224_2052986.jpg

子供のころの我が家の愛車「フォルクスワーゲンタイプⅠ」、現在の我が家の車「カローラ」そして「スーパーカブ」。メジャーどころの量産車をすべて??所有したとになります。T型フォードは無理ですので・・・

スーパーカブの魅力はその機能美でしょう。本田宗一郎が出した「蕎麦屋の出前持ちが片手で運転できるようにせよ」という条件を満たすために採用された自動クラッチとロータリー式変速機構など、まさに働く者のためのバイクです。
インジェクションになろうが水冷になろうがどんな形でも生産し続けてほしい一台です。

今後、どんなオートバイを手に入れてもこいつはそのまま我が家にいつづけることでしょう。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-28 21:10 | スーパーカブ
2007年 12月 27日
思い出のオートバイⅦ
オートバイの話ばかりでブロンプトンの話があまりありませんがもう少しお付き合いを。
FTRの次に購入したのはSR500です。
c0158224_2322334.jpg

yahooオークションで買ってしまいました(苦笑)。
実は学生時代に400を所有していたこともあるのでSR自体は2代目です。

やっぱりビックシングルはいいですね。環境対策が必須である今はもう空冷ビックシングルは新規発売されないのでしょうか?SR400が新車で売られているだけで奇跡なのでしょうか?少々寂しいですね。
もし本田のGB500なんかがインジェクションでも良いので再販されたら・・・売れないかな。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-27 23:30 | モーターサイクル全般
2007年 12月 26日
思い出のオートバイⅥ
SZRの反動でしょうか、こんなユル~イバイクを購入してしまいました。
FTR223です。
c0158224_22125041.jpg


初代FTRは名機RFVCエンジンを搭載した元気なマシンでしたが、FTR223はSL230から流用した寝ぼけたエンジンが搭載されていました。
しかし、私は林道バイクとして使用していたため粘り強い特性のエンジンは重宝しました。

林道という新たな楽しみを発見させてくれた思いで深いオートバイです。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-26 22:11 | モーターサイクル全般
2007年 12月 25日
思い出のオートバイⅤ
社会人となり2年ほどブランクがありましたが完全にバイク屋で一目惚れして購入したのがこれ。
c0158224_2205151.jpg

名車?珍車?と名高いSZR660です。

とにかくインパクトのあるオートバイでした。
ベルガルダヤマハ(イタリア)からの逆輸入で、TZR250にも採用された傑作アルミデルタボックスフレームにスーパーテレネの660cc単気筒エンジンを搭載したマシーン。
車体のねじれをまったく感じさせない卓越したシャーシ性能と軽さ、ブレンボキャリパーの採用、そしてトルクのあるエンジンで峠では速かったです。

しかし!!剛性が高すぎで乗り手がとても厳しい乗り心地を強要される。そして回転数が3,000以下だとギクシャク感がかなり強い。ツーリングに行くと2kgほど痩せるような思いでした。

4年間ほど乗りましたが希少車でしたので長く乗った割にはよい値段で売れました。

この歳になると、もう絶対に乗りこなせないバイクのひとつですね。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-25 22:09 | モーターサイクル全般
2007年 12月 24日
思い出のオートバイⅣ
CD250Uは大変タフでしたが、北海道旅行の際には非力さがどうにも歯がゆかったのも事実でした。

北海道の魅力に取り付かれた私は、翌年「モアパワー」の誘惑からCBX750Fを購入。北海道に再び旅立ちました。12.8万円でした。
c0158224_22101974.jpg


当時の大型免許は限定解除を一発試験で受けなくてはならず大変難関でした。ですから絶対数が少ないため、大型、特に古いナナハン(懐かしい響き!)は当時、破格値で売られていました。

それまで単気筒もしくは2気筒の経験しかありませんでしたので、モーターのように回るエンジンが少々つまらなかった記憶があります。その後のバイクもすべて単気筒ですので、やはり4気筒のフィーリングが合わないのでしょう。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-24 21:47 | モーターサイクル全般
2007年 12月 23日
思い出のオートバイⅢ
一年弱乗ったSRX400を売却し購入したのがこの珍車。
c0158224_21521486.jpg

CD250Uです。

購入と同時に純正のタンデムシートとCD125用のウイングエンブレムを発注し、自らの手でCB72をイメージして全塗装してしまいました。
イメージ写真(CB72)
c0158224_2225140.jpg
なかなかの出来で写真が残っていないのが残念です。

ビジネスバイクのため大変頑丈で乗りやすく、一回目の北海道ツーリングでも十分な性能を発揮してくれた思いで深いオートバイです。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-23 22:03 | モーターサイクル全般
2007年 12月 22日
思い出のオートバイⅡ
YB50ですっかり味をしめ、旅から戻るとすぐに中型免許を取得。
その月のバイト代が入ると同時に14.8万円で立派な中古車のこいつを買いました。
c0158224_21414578.jpg

SRX400です。

大変乗りやすく、このバイクでメンテナンスを覚えました。恥ずかしくもスーパートラップマフラーを取り付け、バフバフとやかましい音で乗り回しておりました。
そんな過去からか、現在もビックスクーターに乗る若者が下痢屁のような爆音を出していても、なんとなく許せてしままう自分がいます。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-22 21:39 | モーターサイクル全般
2007年 12月 21日
思い出のオートバイⅠ
唐突ですが大学時代はオートバイに夢中でした。

初めてのオートバイはこれ。
c0158224_2120368.jpg

ヤマハYB50です。

大学1年のころ、友人とイージーライダーのビデオを見て一発で影響されました・・・
その数日後、バイク屋でこいつを買いました(自動車免許しかなかったのです)。
ちなみに友人はモンキーです。
当時モッズに影響されていたため本当はべスパやランブレッタがほしかったのですが、先立つものがなく、こいつも十分クールだろうと自らを納得させました。

「ワイアットとビリーは東に向かったが、僕らは関東人だから西だね」と意味不明な理由で我々は、京都・奈良へ向かいました(修学旅行みたいですが)。
今まではチャリダーでしたので、これでどこまでもいけるという感覚が嬉しかったのを記憶しています。
あれから10数年経ちますが、これほど楽しかった旅はありません。それだけ思い出深い旅でした。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-21 21:17 | モーターサイクル全般
2007年 12月 20日
初輪行を行ってみて
今回の旅行を通じたブロンプトンの問題点ををいくつか。

①重量
大男の部類に入る私でも15分以上は担いでいたくはありません。
しかし、この自転車での軽量化はコストを考えるとナンセンスでしょう。
チタンパーツが販売されていますがもう一台買える勢いです。
気になるのは持ち運びの時だけですのでこれを取り付けて転がすのがベストですかね。
c0158224_10141965.jpg


②シート
柔らかいのですが尻が痛くなります。
アップポジションでお尻にすべての体重がかかるのでしかたがありませんが、手持ちのシートを流用するか、ブルックスの革シートを使い込んでお尻に馴染ませればよいかもしれません。

問題点はありましたが、抜群の輪行性能を有していることを改めて認識しました。
体力差があるので一概には言えませんが、一日50~60kmの走行ならば翌日に疲れを残しません。意外とロングツアラーですね。
[PR]

by brompton1973 | 2007-12-20 10:05 | ブロンプトン