カテゴリ:モーターサイクル全般( 50 )

2016年 11月 22日
いつの間にかレブルが復活していた

何と!いつの間にかレブルが復活していた👍
私がアメリカンというジャンルで好きだったレブルとサベージ。
アメリカンなのに並列二気筒と単気筒という変わり種でした。
同じエンジンのCD250Uを所有していたな〜

次期レブルはこちら(250)
c0158224_22160276.jpg
500ccが並列二気筒、250ccが単気筒らいし。
構成はまんまレブルとサベージ…
私が買うなら250ccの単気筒だな。
この気合いの無さ、スカスカ感がレブルらしくていいね。
もういっそのことホンダ製単気筒のアメリカンだから名前はJAZZにしちゃえ!😉




[PR]

by brompton1973 | 2016-11-22 22:02 | モーターサイクル全般
2016年 02月 25日
SDR
泥酔したおいらには、
c0158224_2210156.jpg

こいつはSDRのうまれかわりにしか見えません。
XSR900、ヤマハ最高です。
[PR]

by brompton1973 | 2016-02-25 21:28 | モーターサイクル全般
2013年 05月 08日
ビッグスクーターを考察する
伊豆ツーリングの宿で、長距離や峠を走ってクラッチ操作が嫌になった根性無しの私とうめきちさんは 
※うめきちさん、失礼しましたm(_ _)m
根性のある他のメンバーに聞こえぬように、「次はビッグスクーターだね(コッソリ)」なんて話していました。
正直申し上げると、長距離を走れば走るほど、クラッチ操作が億劫になるんです。それと風圧も。

ビッグスクーターというと、ちょっと前まではネオン管つけて下痢のような排気音を出しながら走っているイメージがありましたが、
もともとは初代マジェスティなどジジイの乗り物の代名詞だったような気がします。

今年で40歳、もう十分ジジイなのでにビクスクに乗っても許されるお年頃になったのではないかと…
先立つものが無いので、あくまでも妄想ですが、私の用途に合った車種は無いかと考えてみました。

原付Ⅰ種、Ⅱ種を除く各社のスクーターのラインナップ見てみると、
【大型免許クラス】
①スズキ:スカイウェイブ650
②ホンダ:シルバーウイング600
③ヤマハ:TMAX530

【400ccクラス】
①スズキ:スカイウェイブ400
②ホンダ:シルバーウイング400
③ヤマハ:グランドマジェスティ400

【250ccクラス】
①スズキ:スカイウェイブ
②ホンダ:フォルツァ
③ホンダ:フェイズ
④ヤマハ:マジェスティ
⑤ヤマハ:マグザム

番外:PCX150
※外国車除く

私の年間の走行距離数やツーリング回数、高速道路の利用頻度などを考慮すると、大型免許クラスや400ccクラスは脱落です。
ただ、見た目はグランドマジェスティ400が一番好きです。

そうすると250ccクラスが最右翼となりますが、フォルツァとマグザムは見た目が好みではない。
スカイウェイブはトランクが大きいという利点がありますが、そのためリアデザインがでっぷりしていて脱落。

そこでフェイズとマジェスティが残りますが、マジェスティは70万円越え。
これでは手が出ません。フェイズで決まりか・・・と思いますが、
豪華になり過ぎて価格が上がったフォルツァと併売する形で、フォルツァsiという新型が50万円ほどで発売されるそうです。
新型は変則ギミックやスマートキーが無いなど装備を削っているようなので、キャラがかぶるフェイズは、フォルツァsiが発売と同時に廃番となるような気がします。

結果、まだ見ぬフォルツァsiに決定!と言いたいところですが、
小さくて軽い、そしていざという時には有料道路や高速道路にも乗れてしまう番外のPCX150が非常に便利ではないかと・・・
長距離で多泊の際はレンタルで、なんて選択肢も有りかもしれません。

まあ、あくまでも妄想です。
[PR]

by brompton1973 | 2013-05-08 23:38 | モーターサイクル全般
2013年 01月 05日
セーフティメイトよ永久に
新年早々残念なお知らせが・・・

新陳代謝の悪い我々オヤジライダーの手を温め続けてくれた
セーフティメイト
c0158224_10403133.jpg

こいつを製造する山本工業が廃業したとのことです。

もう、新品の君を手に入れることはできなくなりましたが・・・
これからも大切にするよ・・・007.gif
[PR]

by brompton1973 | 2013-01-05 10:50 | モーターサイクル全般
2012年 12月 24日
冬装備
c0158224_20534567.jpg

(晩秋の遠野)

最近はまっているのが、冬のツーリングを想定した装備を考察すること。
まとまった時間が取れないので、休日の午前中を使って試行錯誤を繰り返しています。
現状のベストが
【上半身】
ヒートテック長袖(+貼るカイロ胸1・背中2)⇒ウールのセーター
⇒アンダーダウン(パワーエイジorユニクロ)⇒パタゴニアのトレントシェルジャケット(防水)
【下半身】
ウール製股引⇒キルティングアンダー⇒防風パンツ
【足】
ウールソックス⇒ビーンブーツ風ブーツ(ノースフェイス製)
c0158224_20581651.jpg

エンジニアブーツよりも防寒性有り
【手】
普通のグローブ⇒ハンカバ!(笑)

これで高速含め2時間程度はバッチリです。
上半身はカイロで暖まった空気をウールセーター&ダウンで保温。
それを防風性の高いジャケットで保つ。
これが肝ですね。

最近は化学素材よりもウールやダウンなど、天然素材を見直しています。

冬のツーリングの準備は万端・・・
あとは実行に移すだけですね。
[PR]

by brompton1973 | 2012-12-24 21:02 | モーターサイクル全般
2012年 07月 02日
あらら、情けない
日曜の朝、プチツーリングにでかけました。
いつもの成田方面から少し足を延ばして山武市松尾町まで。
お目当ては

c0158224_2329424.jpg


「たまごや とよまる」さんです。

養鶏場の直売所で、朝の8時から卵かけご飯がいただけるお店です。
私は普通の卵でも美味しくいただける舌のレベルですので、当然大変美味しくいただきました。
ちなみに京成船橋駅近くにも支店があります(笑)

お腹が落ち着いた帰り道、なんだか左手がおかしい。
運転に支障はないのですが、明らかに左手が疲れていて、クラッチ操作に違和感があります。
おそらく2週連続でゴルフに行った後遺症でしょう。
なんとも情けない。
こんなところにも加齢の影響が・・・
鍛え直すか、もしくはクラッチのないスクーターに・・・以下省略
[PR]

by brompton1973 | 2012-07-02 23:29 | モーターサイクル全般
2012年 03月 22日
大きいバイクと身体能力
大型二輪の免許をとったのは21歳でした。もう20年近く前です。
千葉在住の私は、幕張の試験場に行って試験を受けなくてはなりませんでした。

「コースさえ覚えれば何とかなるだろう」的な軽い気持ちで受験しましたが、
そんな思惑は見事に打ち破られ、スタートから45秒程度で無情の「帰ってこい」指示が…

「こりゃ~だめだ」と観念し、当時、八千代の大和田にあった練習場に入会し、
徹底的に練習して何とか合格することができました。

まだ、バイクブームの名残と免許制度の関係で、このような非公認の教習所?が存在し、
幕張の試験場と同じVFR750とFZX750が用意されていた記憶があります。

せっかく取得した免許ですが、大型バイクを所有したのは2台だけです。
免許をとった勢いで購入したCBX750Fと衝動買いしたSZR660です。
SZRは特殊車両ですので置いときますが、根性無しの私はCBX750Fの重さに辟易としました。
それ以来、軽いバイクばかり乗っています。

最近、筋力や運動神経が落ちてきていることをはっきりと実感できます。
それだけではありません。目が衰えています。

ツーリングに行くと、私より年配の方が大きなバイクに乗っているのを見かけますが尊敬します。
大きなバイクを購入する予定はありませんが、この衰えのカーブを少しでも緩やかにするために、
基礎体力を向上させる走りこみや筋トレ、そして目を使うテニスなどの運動に取り組む必要があるようです。
[PR]

by brompton1973 | 2012-03-22 22:27 | モーターサイクル全般
2012年 02月 19日
商売上手ね・・・ホンダさん
ドリームに行ったらこいつが置いてありました。
c0158224_13365891.jpg

実物は結構カッコいい!!
同じフレームのスクーターモドキとは大違い。
そして価格は648,000円(ABS無し)とのこと。
がんばりますね~、本気ですね~

ホンダらしさ全開なのが、給油口がタンデムシートの下にあること。
荷物をくくりつけていると給油できません(笑)

そんなユーザーには「こんなんありまっせ!」てな具合に、
c0158224_13423366.jpg

フルパニアがしっかり用意されてます。
15万円超らしいです。

ホンダさん、商売うまいな~
何だか、本当に車みたいな販売方法になってきましたね。
[PR]

by brompton1973 | 2012-02-19 13:50 | モーターサイクル全般
2012年 01月 31日
思わず笑みが
c0158224_21251715.jpg


先日、知人のGB250clubmanに乗せていただく機会がありました。
これがもう、思わず笑みがこぼれました。

「そうこれこれ!」って感じです。

80年代後半のバイクですから、緩やかな時代の排ガス規制と騒音規制です。
エンジン、排気音ともに元気が良く、実に小気味いい!!

不謹慎ですが、この感覚を味わうと排ガス規制と騒音規制って
ライダーにとって辛いものであることが、良くわかりました。

あと、数十年経つと・・・「内燃機関ってやはり最高だわ!」になるのかな。
[PR]

by brompton1973 | 2012-01-31 21:26 | モーターサイクル全般
2012年 01月 09日
天然素材を見直した
c0158224_16412655.jpg

(モンベル:メリノウール インナーグローブ)

寒さがこたえるお年頃。
バイクに乗る際、少しでも暖かくすごしたいと考え試行錯誤してきました。

ヒートテックからはじまり、ジオラインや光電子など新素材を試してみましたが・・・
結局のところウールで良くない??という考えが浮かんできました。
ウールは、湿気を吸着すると「吸着熱」と呼ばれる熱を発生するそうです。
これって、ヒートテックにも同じことが書いてあります。
新素材も基本は天然素材に追いつこう+扱いやすくしようということなんでしょう。

今回、靴下とパッチはウール、靴はエンジニアブーツ(革)、
防風のインナーパンツの上に目の詰まったコットン製ワークパンツ、
上半身はウール下着にセーター&ダウン、そして革ジャン。
手はウールのインナー手袋に革製グローブ(ハンカバ無し)
あえての天然素材オンパレード!

これで千葉の田舎道を2時間ほど走ったところ・・・

結構いけました。

これでワークパンツの代わりに防風系パンツ履けば完璧です。
まあ、最終的には寒いのですが、ここまで来ると電熱系に走らないとダメなんでしょう。

天然素材、見直しました。
[PR]

by brompton1973 | 2012-01-09 16:41 | モーターサイクル全般