2013年 05月 08日
ビッグスクーターを考察する
伊豆ツーリングの宿で、長距離や峠を走ってクラッチ操作が嫌になった根性無しの私とうめきちさんは 
※うめきちさん、失礼しましたm(_ _)m
根性のある他のメンバーに聞こえぬように、「次はビッグスクーターだね(コッソリ)」なんて話していました。
正直申し上げると、長距離を走れば走るほど、クラッチ操作が億劫になるんです。それと風圧も。

ビッグスクーターというと、ちょっと前まではネオン管つけて下痢のような排気音を出しながら走っているイメージがありましたが、
もともとは初代マジェスティなどジジイの乗り物の代名詞だったような気がします。

今年で40歳、もう十分ジジイなのでにビクスクに乗っても許されるお年頃になったのではないかと…
先立つものが無いので、あくまでも妄想ですが、私の用途に合った車種は無いかと考えてみました。

原付Ⅰ種、Ⅱ種を除く各社のスクーターのラインナップ見てみると、
【大型免許クラス】
①スズキ:スカイウェイブ650
②ホンダ:シルバーウイング600
③ヤマハ:TMAX530

【400ccクラス】
①スズキ:スカイウェイブ400
②ホンダ:シルバーウイング400
③ヤマハ:グランドマジェスティ400

【250ccクラス】
①スズキ:スカイウェイブ
②ホンダ:フォルツァ
③ホンダ:フェイズ
④ヤマハ:マジェスティ
⑤ヤマハ:マグザム

番外:PCX150
※外国車除く

私の年間の走行距離数やツーリング回数、高速道路の利用頻度などを考慮すると、大型免許クラスや400ccクラスは脱落です。
ただ、見た目はグランドマジェスティ400が一番好きです。

そうすると250ccクラスが最右翼となりますが、フォルツァとマグザムは見た目が好みではない。
スカイウェイブはトランクが大きいという利点がありますが、そのためリアデザインがでっぷりしていて脱落。

そこでフェイズとマジェスティが残りますが、マジェスティは70万円越え。
これでは手が出ません。フェイズで決まりか・・・と思いますが、
豪華になり過ぎて価格が上がったフォルツァと併売する形で、フォルツァsiという新型が50万円ほどで発売されるそうです。
新型は変則ギミックやスマートキーが無いなど装備を削っているようなので、キャラがかぶるフェイズは、フォルツァsiが発売と同時に廃番となるような気がします。

結果、まだ見ぬフォルツァsiに決定!と言いたいところですが、
小さくて軽い、そしていざという時には有料道路や高速道路にも乗れてしまう番外のPCX150が非常に便利ではないかと・・・
長距離で多泊の際はレンタルで、なんて選択肢も有りかもしれません。

まあ、あくまでも妄想です。
[PR]

by brompton1973 | 2013-05-08 23:38 | モーターサイクル全般


<< キャンプツーリング      ゴールデンウィーク >>